ガラスのビーチ:Glass Beach(Fort Bragg)


Image Credit Flickr User mlhradio

カリフォルニアのフォートブラッグ近くは、かつて不法投棄の温床となった。
崖の上から、ガラス、家電ゴミや、ときには古い自動車までが棄てられた。

ついに行政当局が1960年代に不法投棄を理由にビーチを閉鎖し、ゴミや瓦礫を取り除く作業が続けられる。
投棄されたガラスに波風が長い時間をかけて作用し、ガラスは無数の小さく滑らかな粒となっていた。

このグラスビーチはいま、カリフォルニア州の公園施設の管轄となり、周辺の公園に組み込まれている。

かつてはここにガラスを持ち込むのが禁止されたけれど、いまは観光客がお土産にガラスを持ち出すのが禁止されている。
法は時代とともに変わるものだ。


Image Credit Flickr User kara brugman

コメントは受け付けていません。