建築雑誌2011年5月号の翻訳:建築学会の国際化



翻訳を担当する『建築雑誌』の5月号が発行された。
特集=建築学会の国際化
ゼロ・サーヴェイ



今号では、トム・ヘネガンさんやデイナ・バントロックさんの論考の翻訳を担当させてもらった。
海外の建築学会員からの生の声など、世界で仕事をするための橋渡しというぼくの立場からも非常に興味深い内容。

なお、今号冒頭には『東日本大震災緊急報告』が掲載されているけれど、これはウェブ上でも閲覧できる。
『建築雑誌』ウェブサイトの左上からどうぞ。



『建築雑誌』

コメントは受け付けていません。