建築雑誌2011年3月号の翻訳:ISAIA(アジアの建築交流国際シンポジウム)

翻訳を担当する『建築雑誌』の3月号が発行された。
特集=アジアアトラス
Asia Atlas: Order and Wisdom for the Future



で、ぼくが関係した3月号の大仕事といえば、ISAIA(アジアの建築交流国際シンポジウム)関係の翻訳だ。
海外からの基調講演や論考など、数編の翻訳を担当させてもらった。
中国、韓国、台湾、シンガポール、タイ、と各国のさまざまな視点に興味をひかれる。

基調講演された建築家・槇文彦さんご自身による概要紹介もある。
表紙や見返し周辺に配置されたバラエティ豊かな地図も印象深い。
世界はうつろい流れていく。

コメントは受け付けていません。