2010年国際交流基金 上海特別巡回展:「Struggling Cities: From Japanese Urban Projects in the 1960s」展

翻訳を担当した海外巡回展がスタートした。
10月14日~11月7日、場所は上海。

2010年国際交流基金 上海特別巡回展

1960年代の建築と都市をテーマとして、丹下健三氏、菊竹清訓氏、黒川紀章氏、槇文彦氏、といった建築家たちが当時提案した「未来」の姿がある。

ぼくは生まれていなかったけれど、想像するに、科学の力を純粋に信じることのできる時代だったのだろう。
69年のアポロ11号はおそらくその絶頂だった。

この展示は1960年代の東京にフォーカスしているけれど、決して過去の話でなく、いまの世界都市が学べることはおおくある。
会場には、現在の東京の姿や、『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』や『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』で有名な押井守氏のアニメなんかも登場している。

期間中、上海におられる方はぜひどうぞ。
カタログも気合い入ってます。

コメントは受け付けていません。