建築雑誌8月号の翻訳:マーク・グラノヴェッター氏/ Mark Granovetter

翻訳を担当する『建築雑誌』の8月号が発行された。
今回の特集は「NPO Now- present situation of NPO on kenchiku」



で、ぼくが関係した8月号の大仕事といえば、社会学者のマーク・グラノヴェッター氏とのやりとりだ。

ぼくは建築専攻だけれど留学中は社会学を専攻していた。
環境問題や国際開発の文献をよく読み、当然、彼のソーシャル・ネットワークに関する理論、“The strength of weak ties”(弱い紐帯の強み)なんかもよく話題に挙がった。
彼の本を特別に熟読したというわけではなく、そこにあるのはweak tieなのだけれど、こういう形でかかわることができるのは嬉しいものだ。

コメントは受け付けていません。