設計とドローイングの建築家、光嶋裕介さん



月刊ウェブマガジン『学芸カフェ』の9月号。



9月号の内容は、以下の5本。

★インタビュー: 光嶋裕介さん(建築家)
★連載1: アサダワタル(日常編集家) 日常再編集のための発明ノート
教習所×地域住民が繰り広げる「安全運転推進のための町民演劇」とは
★連載2: ミホシ(イラストレーター) 古典×耽美
刑部姫
★連載3: 野村雅夫(ラジオDJ/翻訳家) フィルム探偵捜査手帳
麻薬リストラ中毒 ~ただ彼女と眠りたかっただけなのに~
★連載4: 小林哲朗(写真家) モトクラ!ディスカバリー
銭湯

今月号では、内田樹さんの住宅兼合気道の道場である『凱風館』の設計で一躍注目を集めている建築家、光嶋裕介さんにインタビュー。
設計をしながらドローイングをする意味や、発売されたばかりの新刊『建築武者修行』について聞いた。

最初は仕事がなくて苦労しながらも処女作でいきなり注目を集めていたり、いろいろな点で建築家として王道だなあ、と。
とても熱いひとで、これからも活躍が楽しみ。



学芸カフェ

コメントは受け付けていません。