現代アメリカ文学の名翻訳家、柴田元幸さん


月刊ウェブマガジン『学芸カフェ』の8月号。



8月号の内容は、以下の5本。

★インタビュー: 柴田元幸さん(翻訳家)
★連載1: アサダワタル(日常編集家) 日常再編集のための発明ノート
マラソンを“デモ”として再編集するマッシュアップツール「デモソン」がローンチ!!
★連載2: ミホシ(イラストレーター) 古典×耽美
伏姫と八房
★連載3: 野村雅夫(ラジオDJ/翻訳家) フィルム探偵捜査手帳
期待の新人見参! ~ニーナ ローマの夏休み~
★連載4: 小林哲朗(写真家) モトクラ!ディスカバリー
シールドマシン

今月号では、ポール・オースターをはじめとする現代アメリカ文学の名訳で知られる翻訳家、柴田元幸さんにインタビュー。
翻訳を手がけられた新刊『失踪者たちの画家』をメインにお話をうかがった。
都市がテーマとも言える奇譚だ。

村上春樹さんとの共著『翻訳夜話』をはじめ、これまで柴田さんの本をいろいろと読んでいたこともあり、とても楽しいインタビューだった。



学芸カフェ

コメントは受け付けていません。