ランドスケープアーティスト、ハナムラチカヒロさん


スタジオOJMMが提供する月刊のウェブマガジン『学芸カフェ』の7月号。



7月号の内容は、以下の5本。

★インタビュー: ハナムラチカヒロさん(ランドスケープアーティスト)
★連載1: アサダワタル(日常編集家) 日常再編集のための発明ノート
政治的な街宣音のみを消してくれる ノイズキャンセラーヘッドフォン「ノンポリフォン」
★連載2: ミホシ(イラストレーター) 古典×耽美
葛の葉狐
★連載3: 野村雅夫(ラジオDJ/翻訳家) フィルム探偵捜査手帳
観察映画危機一発! ~選挙2~
★連載4: 小林哲朗(写真家) モトクラ!ディスカバリー
巨大クレーンのある風景

今月号では、ランドスケープアーティストのハナムラチカヒロさんにインタビュー。
「風景とまなざし」をテーマにいろいろなデザインに取り組んでいる。
病院での大規模なインスタレーション作品『霧はれて光きたる春』やクリエイティブシェアの場である『♭(フラット)』を中心にお話をうかがった。
『霧はれて光きたる春』は、ウェブで公開されている動画などでみると、より迫ってくる感じがある。
病院でのプロジェクトには、ずいぶんと長い前段階があったのだなあと感嘆。



学芸カフェ

コメントは受け付けていません。