‘デザイン・アート’ カテゴリーのアーカイブ

学芸カフェ2014年1月号

2014年1月23日 木曜日



月刊ウェブマガジン『学芸カフェ』、1月号の内容は以下の6本。

★インタビュー: だるま商店さん(京都絵描きユニット)
★連載1: アサダワタル(日常編集家) 日常再編集のための発明ノート
今年の初夢 「TSUTAYA神社」のあらまし
★寒竹泉美の月めくり本
睦月本「ママのスカート」
★連載3: 野村雅夫(ラジオDJ/翻訳家) フィルム探偵捜査手帳
風景をキャスティング ~ソウル・フラワー・トレイン~
★連載4: 真子 レシピでつながる世界の景色
森の男のダンパー(オーストラリア、タスマニア)
★連載5: 風戸紗帆 建築素人のデザイン体験記
インタビューを体験するの巻

例年のような連載陣の入れ替わりのほかに、今年はすこしリニューアルもしました。

まずは、題字を書家の川尾朋子さんに書いていただきました。
去年はNHK『八重の桜』のオープニング映像でも彼女の作品が登場したので、覚えておられる方も多いかとおもいます。

それから、バックナンバーの一覧を整理しました。
以前は各ページの下部に都度追加していたんですが、5年目に入ってインタビューも50人くらいになってきたので、変更しました。
すこしは見やすくなったでしょうか。

各連載については、次回の更新時以降に書きたいとおもいます。



『学芸カフェ』最新号
『学芸カフェ』バックナンバー

「かつて」と「いま」をつなぐキュレーター、宮下直樹さん

2013年12月13日 金曜日


月刊ウェブマガジン『学芸カフェ』の12月号。



12月号の内容は、以下の5本。

★インタビュー: 宮下直樹さん(キュレーター)
★連載1: アサダワタル(日常編集家) 日常再編集のための発明ノート
渋谷系~小室ファミリー~椎名林檎まで 平成世代の「うたごえバス」
★連載2: ミホシ(イラストレーター) 古典×耽美
冬の宮
★連載3: 野村雅夫(ラジオDJ/翻訳家) フィルム探偵捜査手帳
~オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライブ~
★連載4: 小林哲朗(写真家) モトクラ!ディスカバリー
工場夜景

今月号では、「かつて」あった伝統文化の世界観と「いま」の生活をつなぐ企画を展開している、宮下直樹さんにインタビュー。
HYATT REGENCY KYOTO、代官山蔦谷書店からリノベーション中の廃墟ビルまで、さまざまな空間でイベントをプロデュースされてきた。
ちょうど動き出した新しいプロジェクト『Terminal81(ターミナル・エイティーワン)』についても聞けたのはタイミングがよかった。

伝統文化の世界観、実体験を伴うイベント、海外へのPR、などのテーマに興味があるひとには特に楽しんでもらえるのではないかと思います。
ぜひどうぞ。



学芸カフェ

トークイベントにでます

2013年11月20日 水曜日



「ひとが集まる『場』をつくる」というテーマのトークイベントにでます。

演劇、茶会、パーティなどさまざまなジャンルでお仕事をされている方々をゲストに、牧尾が司会進行をします。
これから「場づくり」に携わるひとは、ぜひ一緒にこのテーマについて考えましょう。
もちろん、単純にパーティや飲み会が好きなひとも、ふらりと遊びに来てください。
気軽なトークイベントです。
主催は日本インテリアデザイナー協会西日本エリア。

11月26日(火)18:30~19:30
会場:J-ホームスタイル大阪(柏木工株式会社ショールーム)
詳細は こちら

パーティー・オーガナイザー、コイケアカリさん

2013年11月11日 月曜日


月刊ウェブマガジン『学芸カフェ』の11月号。



11月号の内容は、以下の5本。

★インタビュー: コイケアカリさん(パーティー・オーガナイザー)
★連載1: アサダワタル(日常編集家) 日常再編集のための発明ノート
雑誌『通院と旅』
★連載2: ミホシ(イラストレーター) 古典×耽美
真夜中の大芝居
★連載3: 野村雅夫(ラジオDJ/翻訳家) フィルム探偵捜査手帳
ふたりで360度 ~もうひとりの息子~
★連載4: 小林哲朗(写真家) モトクラ!ディスカバリー
憂鬱な公園

今月号では、一般向けのライフスタイル提案や企業向けのイベントプロデュースを手がけている、コイケアカリさんにインタビュー。
空間づくりから人とのつながり方まで、パーティーの仕事についていろいろと聞いてみた。

年末年始で、友達や仕事関係の集まりもふえてくる時期。
集まりをいつもよりもワンランクアップさせたい方は、ぜひ読んでみてください。

学芸カフェ

現代アメリカ文学の名翻訳家、柴田元幸さん

2013年8月12日 月曜日


月刊ウェブマガジン『学芸カフェ』の8月号。



8月号の内容は、以下の5本。

★インタビュー: 柴田元幸さん(翻訳家)
★連載1: アサダワタル(日常編集家) 日常再編集のための発明ノート
マラソンを“デモ”として再編集するマッシュアップツール「デモソン」がローンチ!!
★連載2: ミホシ(イラストレーター) 古典×耽美
伏姫と八房
★連載3: 野村雅夫(ラジオDJ/翻訳家) フィルム探偵捜査手帳
期待の新人見参! ~ニーナ ローマの夏休み~
★連載4: 小林哲朗(写真家) モトクラ!ディスカバリー
シールドマシン

今月号では、ポール・オースターをはじめとする現代アメリカ文学の名訳で知られる翻訳家、柴田元幸さんにインタビュー。
翻訳を手がけられた新刊『失踪者たちの画家』をメインにお話をうかがった。
都市がテーマとも言える奇譚だ。

村上春樹さんとの共著『翻訳夜話』をはじめ、これまで柴田さんの本をいろいろと読んでいたこともあり、とても楽しいインタビューだった。



学芸カフェ

IFIインテリアデザイン国際フォーラム2013

2013年7月10日 水曜日



インテリアデザイナーの国際的な組織IFIボードメンバーの来日を機に、『IFIインテリアデザイン国際フォーラム2013』が東京、神戸、名古屋で開催されます。
英語のスピーカーのときは逐次通訳があるので、英語が苦手な方もご安心を。

神戸では、ゲストで森田恭通さんのスピーチがあります。
牧尾は総合司会です。ご都合があう方はぜひ会場でお会いしましょう。

————————————————————————-
日時:7月14日(日)
場所:KIITO デザイン・クリエイティブセンター神戸
プログラム1(11:00~13:30)
・デザイントークwith IFI ボードメンバー
プログラム2(16:00~18:30)
・ゲストスピーチ「デザインの力」 森田恭通
レセプションパーティ(18:30~20:00)
「世界各国から参加するボードメンバーを迎えて」
※プログラム1は無料、プログラム2+パーティは3,000円(学生1500円)
※同会場で「JID新・暮らしデザイン展」(無料)が9~14日まで開催されます。

下記サイトよりお申し込み受け付けさせて頂いております。
IFIインテリアデザイン国際フォーラム2013

http://www.jid.or.jp/event/event.php?eid=34

facebookは
プログラム2+レセプションパーティーに参加
リンク先のイベントサイトで参加クリック

https://www.facebook.com/events/546563105404439/

問い合わせは
(公社)日本インテリアデザイナー協会 西日本エリア事務局まで。
MAIL:jidkansai@gmail.com
TEL/FAX:06-6615-5105

ランドスケープアーティスト、ハナムラチカヒロさん

2013年7月10日 水曜日


スタジオOJMMが提供する月刊のウェブマガジン『学芸カフェ』の7月号。



7月号の内容は、以下の5本。

★インタビュー: ハナムラチカヒロさん(ランドスケープアーティスト)
★連載1: アサダワタル(日常編集家) 日常再編集のための発明ノート
政治的な街宣音のみを消してくれる ノイズキャンセラーヘッドフォン「ノンポリフォン」
★連載2: ミホシ(イラストレーター) 古典×耽美
葛の葉狐
★連載3: 野村雅夫(ラジオDJ/翻訳家) フィルム探偵捜査手帳
観察映画危機一発! ~選挙2~
★連載4: 小林哲朗(写真家) モトクラ!ディスカバリー
巨大クレーンのある風景

今月号では、ランドスケープアーティストのハナムラチカヒロさんにインタビュー。
「風景とまなざし」をテーマにいろいろなデザインに取り組んでいる。
病院での大規模なインスタレーション作品『霧はれて光きたる春』やクリエイティブシェアの場である『♭(フラット)』を中心にお話をうかがった。
『霧はれて光きたる春』は、ウェブで公開されている動画などでみると、より迫ってくる感じがある。
病院でのプロジェクトには、ずいぶんと長い前段階があったのだなあと感嘆。



学芸カフェ

名作映画に登場する車のポスター:Posters of Iconic Movie Cars(Jesus Prudencio)

2013年7月8日 月曜日



グラフィック/ウェブデザイナーのJesus Prudencio氏による『Cars And Films』シリーズ。
ここでは俳優たちではなく、映画の車にスポットライトをあてている。
俺たちに明日はない、ローマの休日、タクシードライバー、……。

それぞれ違った方法で映画を印象的なものにしていた。
バック・トゥ・ザ・フューチャー、Mr.ビーン、リトル・ミス・サンシャイン、なんかも。







Cars And Films

イタリアの女優、市川純さん

2013年6月14日 金曜日


スタジオOJMMが提供する月刊のウェブマガジン『学芸カフェ』の6月号。



6月号の内容は、以下の5本。

★インタビュー: 市川純さん(女優)
★連載1: アサダワタル(日常編集家) 日常再編集のための発明ノート
“歌”で犯した罪は“歌”でケジメを 『卒業』の二次創作による実演的悔悛
★連載2: ミホシ(イラストレーター) 古典×耽美
千歯淵の龍の娘
★連載3: 野村雅夫(ラジオDJ/翻訳家) フィルム探偵捜査手帳
アイデア紹介のうまいアイデアがあればね… ~ふたりのイームズ 建築家チャールズと画家レイ~
★連載4: 小林哲朗(写真家) モトクラ!ディスカバリー
秋芳洞

今月号では、イタリアの売れっ子女優、市川純さんにインタビュー。
イタリアで平均視聴率が20%を超えるTVドラマシリーズ『R.I.S.』(科学捜査研究所)など最近の作品を通じ、演じること全般についてうかがった。
言葉や演じる場所(国)によって、違う演じ方になるだろうと。
どんな違いがでてくるのか、想像するだけでも楽しい。



学芸カフェ

インテリアデザイン、トークイベント&パーティ

2013年5月21日 火曜日


6月8日(土)、日本インテリアデザイナー協会(JID)西日本エリア主催のイベントでコーディネーターをします。

オープニングトークはデザイナーの喜多俊之さん。
ゲストトークでは、寒竹泉美さん(小説家)、安藤眞代さん(インテリアデザイナー)、ハナムラチカヒロさん(ランドスケープデザイナー)の3名と一緒に、「ストーリーのつくりかた、つたえかた」をテーマに語ります。
デザイナーやクリエイターの方々に広く楽しんでもらえるようにコーディネートします。

——————–

2013年6月8日(土)
■トークイベント 16:00~17:45(開場15:30)
 参加費用:1,000円(一般) 500円(学生)
■交流パーティー 18:00~20:00(開場17:45)
 参加費用: 2,000円(定員:40名)
■会場:J-ホームスタイル大阪(柏木工株式会社ショールーム)
 (大阪市北区西天満2-6-8 堂島ビルヂング1F T EL 06-6364-2661)

■参加申込
氏名、企業名、連絡先及び、トークイベント、パーティーの参加の別を
明記の上、Eメールにてお申し込みください。
jidkansai@gmail.com

<主催>
公益社団法人
日本インテリアデザイナー協会 西日本エリア

詳しくは JID西日本エリア のウェブサイトで。